男性ホルモン(テストステロン)を増やす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性ホルモン(テストステロン)を増やす方法

本日は「男性ホルモン(テストステロン)を増やす方法」についてお話したいと思います!

テストステロンが減少するとどうなるの?

加齢や病気などでテストステロン、いわゆる男性ホルモンが減少するとさまざまな不調が出てきます。男性ホルモンというと「はげる」「脂性になる」「体臭がきつくなりそう」など、マイナスイメージばかりが大きいものですが男性にとっては(女性にとってもですが)生命の維持に不可欠なとても大事なホルモンなのです。

減少によって一番わかりやすいのは、筋力(筋肉量)の低下と衰えでしょう。なかなか落ちにくい筋肉が尽きにくい、腕や脚が細くなった、昔ほど力を込められない、など実感しやすい項目です。また骨密度も低くなり、骨折の危険性も増します。さらに善玉コレステロールが減って内臓脂肪が増えやすくなり、そこから派生する各種の疾患が起きやすくなります。他に個人差はありますが頭痛、ほてり、頻尿、意欲の低下など、さまざまな不調を引き起こすため、女性の更年期障害と並んでテストステロン欠乏は中年以降の男性にとって注意すべきことになっています。

テストステロンが減少する原因

テストステロンが減少してしまうとさまざまな不都合が起こりますが、それを予防するためにもその「減ってしまう」原因を知ることが重要になってきます。先述のように加齢や避けられない病気によるものもありますが、こちらはある程度仕方ありません。しかし、防げるものもあります。減少の大きな原因として、現代社会の大きなストレスがあります。ホルモンのバランスはとても繊細で、微妙なところで成り立っているものですがストレスでこれが崩れてしまい、テストステロンが十分に分泌されなくなってしまうのです。

また、ストレスを解消させようと過度に飲酒・喫煙・暴飲暴食をしたりなど生活習慣が乱れるとそれもホルモンバランスを崩すことになってしまい、結果として逆効果を生みます。ストレスがかかっていると認識できた場合、まずは食事や睡眠のリズムなどを含む生活習慣を見直し、つぎに健康的なストレスの発散方法を見つけるようにすることが大事です。

テストステロンを増やす方法

テストステロンを増やすには、減少させている原因を取り除く以外にいくつもの方法があります。たとえば、筋力トレーニング。なるべく激しいトレーニングを短時間すると分泌が多くなることが確認されています。また、同じ運動でもリズム運動(同じリズムで身体を動かす、ジョギングや縄跳びなど)でも同様の効果が確認されています。

体重をコントロールすることも効果的と考えられています。極端に適正体重から外れる、とくに肥満の体型でいるとテストステロンが正常に分泌されないことが判明していますので、上記のリズム運動や筋力トレーニングと並行してダイエットを行うと効果的でしょう。質の良い睡眠を取ることも分泌をうながしますので、なるべく身体を動かし、毎日同じ時間に就寝して十分な睡眠時間を確保する、健康的な生活が何より効果を発揮します。また生活習慣として、たばこやお酒をたくさん飲む人はなるべく減らす努力をしたほうが良いでしょう。

テストステロンを増やす食べ物

テストステロンが減少してしまった場合、生活習慣の見直しや運動以外に食事、食べ物でもこれを増やすことが出来ます。一般的に「精力がつく」といわれるものが効果的で、具体的には卵、鶏むね肉、牡蠣、レバー、うなぎなど。亜鉛やビタミンD、良質のたんぱく質を含む食材がメインとなります。

テストステロンはそもそもコレステロールを原料として作られるもので、コレステロールと聞くと「不健康」「病気になる」といった悪いイメージが浮かぶかもしれませんが不可欠な要素ですので魚・肉などを意識して摂るようにしましょう。また生成の際に活性酸素が多いとうまく作られず、分泌もされないため抗酸化物質を多く含む野菜や果物、ビタミンCもきちんと摂る必要があります。バランスの良い健康的な食事に加え、少し高コレステロールを意識した内容だとベストです。いっぽう砂糖や炭水化物があまり多いと良くないため、糖質はやや控えめにするように心がけましょう。

テストステロンを増やす薬

食事、運動、生活習慣などさまざまな部分を見直し、それでも不足な場合は薬やサプリメントに頼ることになります。サプリメントの場合は食事の時と同様、亜鉛や各種ビタミンを豊富に含んだものを毎日等間隔で服用するのが効果的です。薬によってテストステロンを増やす場合は、低テストステロンに効果のある男性ホルモン補充剤などを使用しましょう。口から服用する男性ホルモンサプリのほか、塗布して皮膚から吸収するタイプもあります。

いわゆるED治療のサプリメントの中にも効果のあるものはありますが、EDとは完全に同じ病気というわけではないのでどれでも良いわけではありません。しっかりと足りないホルモンを補充してくれる成分のものを選びましょう。個人輸入で買うことも出来ますが、国内で未認可のものは自己責任での使用となります。また信頼できる業者でないと悪質なものをつかまされる危険もあるため、そのあたりも慎重に調べ、信頼できる相手から良質なものを購入しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*